広島大学病院 腎臓内科

研究
研究内容

まず基本的で応用の利く医療技術を幅広く習得でき、更に腎臓内科医として必須の技術を身に付ける後期研修プログラムを組んでいます。
すべての入局者が内科学会認定内科医を習得し、さらには総合内科専門医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医を習得できるように関連病院と連携して行っています。
後期研修後には大学院での研究、学位取得後には海外への留学も積極的に斡旋しています。

CKDの進行防止に関する基礎的研究

CKDの進展につながる腎線維化および腹膜透析患者における腹膜線維化の機序の解明および進行防止に関する基礎研究として、培養細胞を用いたin vitroの研究や、各種腎炎モデルを用いたin vivoでの研究を行っています。また、線維化へのエピジェネティクスの関与や間葉系幹細胞投与による線維化抑制機序の検討について基礎研究を進めています。さらに、食塩感受性高血圧の病態解明に関する研究、腎不全に対するKlotho蛋白などの老化因子関与についての研究を行っています。

CKD発症のリスク因子および血液透析患者の心血管合併症や予後についての臨床研究

将来的なCKD発症に対するリスク因子の解明についてコホート研究を行っています。また、CKD患者におけるリン吸着薬投与による尿中バイオマーカーに与える影響の検討や、血液透析患者における血中NT-proBNP濃度と心血管合併用や予後との関連につき前向きな研究を行っています。さらに、バスキュラーアクセスインターベンションの開存率についての臨床研究を進めています。

pageup